南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェックブログランキング・にほんブログ村へ
2011-04-19-Tue-01-01

中学校の教科書で

伝統芸能を今までよりきちんと扱うようになるらしいですよ!


asahi.com(朝日新聞社)のHPより引用   >>引用ページ

****************************************************************
来年春から中学校で使われる新教科書は、全教科で日本の伝統文化を扱う。

 音楽は伝統芸能への挑戦が目立つ。教育出版は能を初めて大きく扱い、「羽衣」を歌うページを設けた。正座する生徒の絵をつけて「背筋を伸ばし、おなかに力を入れて、大きな声で」とコーチする。

(中略)

  伝統文化の記述が増えたのは、伝統と文化の尊重を掲げる教育基本法に従い、新学習指導要領が全教科で取り扱いを求めたためだ。横浜国立大学の高橋勝教授(教育哲学)が指摘する。「グローバル化でアイデンティティーの自覚が求められる今、伝統文化を学ぶことは重要だ。同時に各国の伝統に敬意を払い、自国の伝統だけが優れているかのような教育に陥らないよう相対化する姿勢も大切だ」
.
****************************************************************




だそうです。

私が中学生の時は、歌舞伎の「勧進帳」のビデオを観た記憶はあるのですが
能のビデオを観たり、授業で詳しく扱った記憶は 一切 ありません。

社会の授業で「カンアミゼアミ」というワードを覚えた記憶はありますが。



それがですよ!
音楽の教科書に「羽衣」を謡うページが出来ちゃうんですよ!

実際扱うかどうかは、各学校の先生の判断なんでしょうけど
それでも教科書で扱うってすごくないですか><?


音楽の教科書だけでなく、
全教科で伝統文化を扱おうとしているっていうのもびっくりですよね。

ちょっと極端な気もしますが



義務教育で伝統芸能扱われれば、認知度UP間違いなし。

能?狂言?歌舞伎?違いわかんなーい。
っていう日本人が減るはず。



日本人が日本の伝統芸能知らないということが
意外と多くて残念だなぁーと思うことが多い中、
素敵なニュースだと思ったので紹介させていただきました

関連記事


チェックブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://nkanze.blog.fc2.com/tb.php/90-456635ae



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。