南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

2010-05-09-Sun-23-55

五月花形歌舞伎

演劇ライフ http://engekilife.com/play/15365





きとーです。



御園座でやってる五月花形歌舞伎見に行ってきました。


見てきたのは夜の部。


一、夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)

二、蜘蛛糸梓弦(くものいとあずさのゆみはり)




注目すべきは二つ目の演目。

これ、能の「土蜘蛛」と同じ話を題材にしているんです。


源頼光とその家臣たちが土蜘蛛退治をしに行くという話です。


と言っても私、能の「土蜘蛛」はまだみたことないんですよね(・_・;)

だからちゃんと比較できないのですが・・・




ざっくり感想を書くと、すごく華やかで見ていてずっと飽きなかったなあと思いました。


演者の立ち回りや早替わりで何役もこなしていくのがすごかった。

演出もすごく凝っていたし。 


能と共通するのが、蜘蛛の糸をぶわっと広げるところ。

やはり能に倣ってやっているようです。


全部で何回投げたっけ・・・

役が替わる度に糸を投げつけて逃げてたので


んー10回くらい?


能の方は見たことないですけど多分そんなにやらないですよね。


薄い和紙でできてるらしいんですが、あれ作るの限られた職人さんしかできないらしく、値も張るそうです。

1ヶ月公演してたら幾らぐらいかかるんだろ。




主役の女郎蜘蛛を演じるのは市川亀次郎さん。

私の中では大河ドラマの「風林火山」で武田信玄を演じていたのが印象的です。


ドラマでもかっこよかったですが、本業はやっぱすごいなーと思いました。


とにかくカッコいい。演じ分けすごい。

もうなんかね、圧倒されました。


自分の表現力のなさに呆れます。




今月の28日まで毎日やってるんで興味があれば是非行くべし!です。



関連記事


チェックブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://nkanze.blog.fc2.com/tb.php/24-47d42f37