南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

2014-07-12-Sat-01-12

能楽レンジャーなるものを考えてみた 〔クワバラ〕

こんばんわ。卒業生のクワバラくわばらアイコンです。

そろそろ、ブログ更新も自分がするのはあと少し、になってきました。
5~7月にたくさんアップしたかったのですが、
自分の体調等の問題でなかなか更新ができなくてすみませんでした。
(あ、別に大病を患ったわけではないです。)

少しですが、自分なりに更新できる今日のうちに更新したいと思います♪

以前のブログ更新担当者の方が、
能楽レンジャー(名前は違っていたかも?)について自分で考えたものを
語っていたので、私も少しだけですが、ちょっと自分が考えたものを語らせて頂いきます。


実は、観世会に在籍していたころ、部員の何人かで能楽レンジャーのネタを考えていたことがありました。
そして卒業したあと、「あー、あのネタをマンガにしたいなぁ」と思い、かなり自分で設定をアレンジして、
ここ10年、ちょびちょびマンガを描いています。現在9話(1話30ページ前後)。10話目も執筆中(笑)。

1~5番目物の特徴をアレンジし、変身アイテムは能面(っぽいブローチ)。はんにゃ

さらに、扇で攻撃の型を身に着けると、攻撃ができたり、その扇が武器になったり。かづら扇ミニ

たとえば、刀の型をすると、刀が現れる、とか。
その攻撃の型は、敵を倒すと現れる。その型は、全員の戦士が使えるのではなく、
その担当をする戦士が決まっている。
たとえば、先ほどの刀なら、2番目戦士の修羅戦士。

1番目戦士は、精霊・動物使いで、鶴や亀、猩々、竜神などを使って攻撃
2番目戦士は、刀を使った武将系
3番目戦士は、羽衣で空を飛んだり、幸せの舞などの舞を舞うことで敵を攻撃
4番目戦士は、怒ると鐘を敵の上に落とし、自らは蛇に変身し攻撃
5番目戦士は、長刀や弓矢を用いて攻撃

という形にしています。

ゆーげんたい

上の絵は、1番目戦士です。


こういう風に、能楽を通して、自分なりに遊ぶ、のも、
「愚弄」という形でしなければ良いかな?とも思います。


ではでは、約半年間、ブログ記事をご覧いただきありがとうございました。
また、ツイッターやフェイスブックでブログ更新のリツイートをして頂いた方、本当にありがとうございます。


ではでは、これからも南山観世会をよろしくお願いします。

そして、いつでも観世会は部員さん募集中です。
夏休みを開けてからの入部も大歓迎です。


関連記事


チェックブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://nkanze.blog.fc2.com/tb.php/188-afb1741c