南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェックブログランキング・にほんブログ村へ
2014-05-09-Fri-20-02

能楽用語2 「能・舞囃子・仕舞の違い」

こんばんわ、卒業生のクワバラくわばらアイコン
です。



さて、前回からの続きで、能楽用語の説明を自分なりにしたいと思います。

※あくまで「初心者向け」でお話していますので、「例外」はありますので
 この記事の内容が絶対的な内容ではないことについてご注意ください。



観世会に入ると、
」という言葉だけでなく、

舞囃子(まいばやし)」、
仕舞(しまい)」、


という言葉を聞くと思います。




南山観世会では、
」を発表することは、毎年ではありません。

「能を出したい!」と思った部員さんがいて、
その人が練習する時間を確保できて、
部員も人数もいて・・という条件がうまく重ならないと
なかなか「能」は出せません。

「能」を出すには、
「能」の上演時間も30分以上(「演目(作品)」によって上演時間は異なる)だし、
能面・装束(衣装)や小道具なども必要で、それらを使いこなすには、かなりの練習量が必要です。




ということで、大概は、4年間のサークル生活では、
毎回の発表会で「仕舞」という5
~10分程度の長さのものを、発表することが主で、
大学3年か4年で「舞囃子」という、
「仕舞」にお囃子という音楽付きでの形式で発表することになります。


あまりに細かくお話すると、かえって分かりづらくなるので、
下に「能」「舞囃子」「仕舞」についての違いを簡易的に示した図をアップしますね。

能と舞囃子と仕舞の違い

(画像をクリックすると拡大画面が出ます。)


シテ・ワキ・ツレ・囃子などの用語は
前回の記事をご覧いただければ幸いです。


以下、簡単な説明をば。


は、
上演時間も長く、道具・人数・金がかかることから、
その能の一部分をとったものが演じられることもあります。
それが舞囃子仕舞

舞囃子が囃子もつけて、
その演目(作品)の見せ所を、
仕舞は舞と謡いだけ能の見せ所を見せます。
仕舞には大概、クセとキリがあり、
クセは能の中で一番見せ所があるところで大体は優しい(弱い)感じの舞 で、
キリは能の最後の部分で強い感じの舞が多いです。
(例外はあります。)






ではでは、みなさまのお役に立てれば幸いです。

関連記事


チェックブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://nkanze.blog.fc2.com/tb.php/183-0b7bb956



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。