南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

2010-04-17-Sat-19-48

今年度初お稽古


かんぜかいぬくぬくぶろぐ-214R0T0MQTL.jpg


きとーですかんぜかいぬくぬくぶろぐ-01.100417.191215__815T.gif

一週間ぶりの更新ですかね。





今日はお稽古日でした。



今年度初ということで
先生もいつもより気合い入ってた感じです。



わざわざ着物に着替えて稽古してくださいました。



ちょいちょいお稽古日の宣伝してたので
新入生の子誰か来てくれるかなー♪と思ってたんですが




来なかったorz





先生…すみません(´_`;)









ということで(笑)

いつも通り仕舞の稽古と、謡を中心に教えて頂きました。




やっぱり玉蔓の謡難しい;


全体的に音の高さが上がっていく感じの謡なので
声がうわずりやすいそうです。



声が低い私にはキツい…
地謡じゃなくて良かった←





嵐山は謡いやすいけど、他の曲と混ざる;

「梢にかけってー」

とかまんま鞍馬天狗なのに音程が微妙に違う(´`)







あと教えて頂いたのは
演目によって謡い方を変えること。



嵐山は神様の曲だから明るく力強い感じ。


小袖曽我はこれから敵討ちに行く男の颯爽とした感じ。


玉蔓は妄執に悩まされてる女性だから暗い感じ。





感情を表現するのってなかなか難しいですよね。



吹奏楽で楽器吹いてるときもよく悩みます(´Д`)

(きとーは一般団体で吹奏楽もやってたりします。ユーフォだよ。)



この辺は技術的な経験だけじゃなくて
人生経験や感受性も関わってきそうな気がします。




あ、もう無理じゃね?笑













そう言えば吹奏楽の曲で

「吹奏楽のための組曲『能面』」

というのがあるそうです。


曲ごとに「増女」とか能面の名前が付いてるんですよ。





で、興味あるんですが
誰か音源持ってたりしませんか?←


アマゾンで売ってたけど、わざわざ買うのもなぁ。
ネットで検索しても試聴できるところないんですよね~。




なんか知ってたら教えてくださーいm(_ _)m






*稽古内容*


仕舞(嵐山・小袖曽我・玉蔓)


いつもかずらが変換できない…



関連記事


チェックブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://nkanze.blog.fc2.com/tb.php/17-a9adc66f