南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェックブログランキング・にほんブログ村へ
2014-01-29-Wed-07-36

能とは何か?を考えてみた [クワバラ]

こんにちわ,卒業生のクワバラくわばらアイコンです。

今回から定期的に

能楽について簡単に説明する記事

を書きたいな,と思います。

私の場合,他の部員さんほど能楽について深く研究していない,という恥ずかしい点があるのですが,
それでも自分なりに能楽のことをお話したい,という気持ちがありますので,
こちらでアップさせて頂きます。

能楽を全く知らない方,向けに書いておりますので,
「能楽ではこの言葉は使わない。」「実際には例外もあるのに・・」
というご指摘もあるとは存じ上げますが,

専門用語を使うことは初心者にとって,「大きな壁」を感じるもの。

なので,あえて,違う言葉を使うときがあります。

この記事の目的は,
「能楽の世界を学術的に学ぶ」ではなく,

「能楽の世界に触れてみよう!という気持ちになってもらう」ことなので・・。

自分勝手な書き方ですみません。





ではでは,お話をします。




今回は能(能楽)とは何か?」です。





お能とは、平たく言ってしまえば、 室町時代に完成された舞踊演劇です。

そして、必要最低限の動きや舞台装置しか用いない、(一見)質素に見える芸術。

顔に

はんにゃおもて1

仮面(面ーおもて)

かづら扇ミニ
手には扇(おうぎ)

そして美しい服(装束ーしょうぞく)を着ます(つけます)。


そして、
お囃子
音楽(囃子ーはやし、と謡いーうたい)に合わせて舞う。

(上のイラストはイメージです。)



それが、能の基本スタイルなのです。


今ではなんだか変わっていて、難しいそうって感じがしますよね?

もしかすると、知識がないと能は観ることは難しいかもしれません。





「では、能は学校の数学や社会みたいに勉強しないと観ること出来ないの?」

と悲観される方もいらっしゃるかもしれません。



確かに、今は能を観る前にすこしは予習勉強をしないと、

話の流れもたぶんワケがわからないので能の舞台途中で眠ってしまうことが多いです。


でも,

最初の能楽鑑賞はそれでかまわないと,

私は思います。


わからないものはしょうがない!



いざ、話の内容だけ知っても、実際の舞台を見てもよくわからないことが多いです。





また、能を初めて観た人たちに感想を聞くときまって

「難しい」

「何を言っているかわかんない。」とおっしゃる方がいます。私もそうでした。








では、

何故,能は難しいのでしょう?



その理由こそに能の本質 がある

といえるかもしれません






能の本質を考える前に、イメージをつけることも大切です。


下の絵見てください。

「羽衣」 まじめなイラスト2

音楽(能では囃子・謡い)が流れ、
そこで綺麗な着物(能では装束と言う)、
仮面(能では面と言う)をつけた人(シテ)が扇を持ってゆっくり動く、というイメージが一般的です。

まさにそのイメージは正しいのですが、これは能を表面的に見たまでに過ぎません。




なぜ面をつけたり(かけたり)、
動きが少ないのでしょう




面そのものはいつも表情は変わりません。



しかし、舞台上ではこの面には話の場面によって悲しそうに見えたり喜んでいるように見え たりするのです。
表情の見え方は、見た人の心の持ちよう によって違ってきます。

能の舞台にはセットがほとんどないのも知っていますか?

話の進行上必要最低限のものしか置かれないのです。

シテ(主人公役)の持ち物もほとんど扇だけ。(話の内容次第で刀や長刀など,違うときがあります。)



この扇の動きで様々な気持ちや動きを表すのです。

例えば、寝る動作のときは、この扇は枕の役割をするのです。
その寝る動作もすこし下屈みになるだけ。
これだけで寝たという動きを表します。



能は道具も動きも必要最低限のものしかないのです。

あとは観客のそれぞれの想像力で舞台を見るのです。


そう、能は、  で見るものなのです!




これが、能の世界に入るのが難しい理由、そして入ってしまえば居心地が良い・どんどん味が出てくる理由です。

能は演者と観客が一つとなって初めて舞台が成り立つ! といも言えましょう。



最初は入りづらい能楽の世界。
でも,入ってしまえば,楽しい世界です。


入口は狭いけど,中はすっごく広く楽しそうなお店(家)って感じかな?と。






今回は以上です。


こちらは私個人の考えたなので,みなさまそれぞれの「能とは何か?」があるとは思います。

数ある考え方の1つだと,考えて頂けるとうれしいです。
能楽についてもっと詳しく知りたい!という方は
能楽関係サイト紹介ページ
をご覧ください。



くわばら
関連記事


チェックブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://nkanze.blog.fc2.com/tb.php/164-fd558177



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。