南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

2014-01-24-Fri-00-12

能楽のイメージは入ってみれば変わります [クワバラ]

みなさま,初めまして。観世会OGのクワバラです。

このたび,卒業生の1人として,ブログの更新のお手伝いをさせて頂くことになりました。


やかんぜ


以前,こちらのブログの右上にあるHPのアイコンで描かれている
キツネ(上の絵)のデザインをさせて頂いた者です。






私の場合,真面目な文章を書くのが苦手なのですが,
マンガイラストを描くのが好きなので,
その趣味を生かして,
マンガで能楽部の活動がどのようなのか紹介したり,
イラストを交えながら,自分なりに能楽のことを紹介できたらいいな,と思っております。

羽衣 まじめバージョン



能楽というと「敷居が高い」というイメージがあります。

ヨシカワさんもおっしゃってましたが,実際にそんなことはないと思います。



ただ,その「敷居の高さ」というイメージが存在するのは真実。

能楽は,簡単に誰にでも小さいころから当たり前に接している文化ではないですから。



でも,大学生にとって,
能楽の「敷居」と,あなたの持つ「敷居」の高さは
大きい差はないのではないのではないしょうか?

(プロとして突き詰めていく,という場合は別ですが,能楽の世界に触れることは,誰でもできます!)



誰でも,「敷居」があると思うと,「敬遠」しがちですが,
その「敷居」は,ちょっとした勇気(?)や,きっかけで,簡単に入りこめるものです。






私は,大学入学当時「能楽」のことを全然知りませんでした。

部活に入るのも,「友達」をつくるのが目的で,
たまたま見学に行った「観世会」に入部しました。(それが良いか悪いかは別として・・)

私の場合,「敷居の高さ」に気がつかず入部し,
あとでみんなが「敷居が高い」と言っていることで,初めて「敷居が高い」と気が付きました。(笑)


でも,「敷居が高い」ことで能楽部にいたときに苦労したことはありませんでした。

入ってしまえば,その世界があたりまえ,になるので。


小さいころは高校生って大人!って思っていたのに,実際に高校生になってみると,
そうでもないかも?と思うのと一緒かな?と。
確かに,小学生よりは高校生は大人なんだけど,
実際にその世界に入って見ると,それまでに思い描いていたイメージが違いますよね。




・・ということで,もし「敷居が高い」ことで「能楽部に入るか迷っている」方に1言!

「気にしなくて良いです!敷居が高い,と思っているアナタなら,大丈夫。
すぐにアナタは,能楽の世界のトリコになるでしょう。」

と。


みなさまのご入部をお待ちしております!








関連記事


チェックブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://nkanze.blog.fc2.com/tb.php/161-1c90adcf