南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

2013-01-11-Fri-00-16

1/5 能「羽衣」 本番ダイジェスト

本番の写真を謡とあらすじとともにご紹介します。


「のう その衣はこなたのにて候。何しに召され候ぞ。」
IMG_0771.jpg

松の枝にかけてあった羽衣を漁夫が持って行こうとしたところ
どこからか声が聞こえてきます。
その声の主は実は天女で、羽衣を返してほしいと訴えます。


「今はさながら天人も 羽なき鳥の如くにて 上がらんとすれば衣なし」
IMG_0774.jpg

天女の訴えも虚しく、漁夫は羽衣を隠し立ち去ろうとします。
天女は羽衣がなくては天に帰ることができません。


「春風の空に吹くまでなつかしや空に吹くまでなつかしや」
IMG_0725.jpg

天人は自分の故郷を懐かしみ、二度と帰ることができないことを嘆き悲しみます。
その姿を見た漁夫は、天女の舞を見せてもらう代わりに羽衣を返すことを約束します。


「落日の紅は蘇命路の山をうつして 緑は浪に浮島が 払ふ嵐に花ふりて」IMG_0819.jpg

羽衣を返してもらった天女は喜び、
三保の松原の景色を称えながら舞を舞います。


「七宝充満の宝を降らし 国土にこれを ほどこし給ふ」
IMG_0829.jpg

天女は衆生済度と国土繁栄を願い、
地上の世界に数々の宝を降らします。


「愛鷹山や富士の高嶺かすかになりて 天つ御空の 霞にまぎれて 失せにけり」
IMG_0831.jpg

やがて彼方の富士山へ舞い上がり
霞に紛れて消えていきました。

関連記事


チェックブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://nkanze.blog.fc2.com/tb.php/149-843dc17c