南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェックブログランキング・にほんブログ村へ
2013-01-11-Fri-00-16

1/5 能「羽衣」 本番ダイジェスト

本番の写真を謡とあらすじとともにご紹介します。


「のう その衣はこなたのにて候。何しに召され候ぞ。」
IMG_0771.jpg

松の枝にかけてあった羽衣を漁夫が持って行こうとしたところ
どこからか声が聞こえてきます。
その声の主は実は天女で、羽衣を返してほしいと訴えます。


「今はさながら天人も 羽なき鳥の如くにて 上がらんとすれば衣なし」
IMG_0774.jpg

天女の訴えも虚しく、漁夫は羽衣を隠し立ち去ろうとします。
天女は羽衣がなくては天に帰ることができません。


「春風の空に吹くまでなつかしや空に吹くまでなつかしや」
IMG_0725.jpg

天人は自分の故郷を懐かしみ、二度と帰ることができないことを嘆き悲しみます。
その姿を見た漁夫は、天女の舞を見せてもらう代わりに羽衣を返すことを約束します。


「落日の紅は蘇命路の山をうつして 緑は浪に浮島が 払ふ嵐に花ふりて」IMG_0819.jpg

羽衣を返してもらった天女は喜び、
三保の松原の景色を称えながら舞を舞います。


「七宝充満の宝を降らし 国土にこれを ほどこし給ふ」
IMG_0829.jpg

天女は衆生済度と国土繁栄を願い、
地上の世界に数々の宝を降らします。


「愛鷹山や富士の高嶺かすかになりて 天つ御空の 霞にまぎれて 失せにけり」
IMG_0831.jpg

やがて彼方の富士山へ舞い上がり
霞に紛れて消えていきました。



チェックブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2013-01-10-Thu-23-20

1/5 能「羽衣」 舞台裏

能「羽衣」のシテを務めました4年の鬼頭です

本番と舞台裏の写真を撮っていただいたので、
そのときの様子を振り返りつつご紹介します



まず本番前の舞台裏から・・

こちらは着付け部屋です。
IMG_0750.jpg

この部屋で面・天冠以外の装束を着付けていただきました。
着付ける前にはこんなふうに整頓して装束を並べてあります。

ここから装束を着付けていくのですが、装束を着付けるのはかなり大変..
肉付けをしながら着付けていくので着付けるというより荷造りです


着付けが完了したら、いよいよ鏡の間へ。
IMG_07661.jpg

鏡の間というのは見所側から見ると幕の中にあたり
そこが能の直前の待機場所となっています。
ここに入って初めて、シテは面をかけます。

写真はその前に撮ったものです。
周りの人たちが気を遣って一人にしてくれたんですが、
正直このときが一番精神的にキツかったです。

不安と緊張で頭の中ぐっちゃぐちゃでした
ですが一人でいる間になんとか落ち着きを取り戻し、いざ面と対面。


当日使った天冠です。
IMG_0767.jpg

天冠は鳳凰が乗っているものを使用しました。
面は増女。天女役でよく使用される女面です。
扇は広げると桜が散っている柄が描かれている天女扇です。

..と言っても実際私は面をかけていない状態で扇を広げていないので
どんな柄が描かれていたのかあまり把握していません..
ちゃんと見ておけば良かったなぁ。

後見の先生に面をかけていただいたり天冠を付けていただいている間
ひたすら「私は天女、私は天女、私は天女」と頭の中で唱え続けていました。

立ちあがって鏡で自分の姿をきちんと確認したころには
気持ち的にはかなり天女モードになっていた気がします。

緊張していなかったわけではないのですが、
天女としての自分とシテとしての自分が半々で存在していて
万全の状態で始められたように思います。


次は本番の様子を
謡とあらすじと一緒にご紹介します こちらから>>

チェックブログランキング・にほんブログ村へ
2013-01-10-Thu-23-19

第57回 学生能・狂言の会 報告

2013年1月5日(土)
「第五十七回 学生能・狂言の会」
 


ご報告が遅くなりましたが、無事に終了致しました。
当日は寒い中多くのお客様にご来場いただき、お陰様で盛会となりました。
ご来場いただいた方々には深く感謝致します。

南山大学からは

能「羽衣 和合之舞」
素謡「岩船」
仕舞「清経キリ」「杜若クセ」「玉之段」


を出させていただきました。
現役生4名、観世会OB・OG13名での舞台となりました。

この度南山大学観世会は40周年を迎え、
その記念として能を現役生・OG合同で発表致しました。

今回の会で多くの先生方・先輩方のお力添えをいただきました。
また能を出すにあたり名古屋能楽連盟の方々に大変お世話になりました。
部員一同心から感謝しております。有り難うございました。


今回の会の様子を、中京テレビのニュースで取り上げていただきました。
羽衣の一部が放送されましたのでご報告させていただきます。

▼テレビで放送された1シーン

中京テレビ 


▼中京テレビのネットニュース(クリックで大きな画像が見られます)
中京ニュース

能「羽衣」の本番・舞台裏の様子を別の記事で紹介しています。
よろしければ下記リンクをご覧ください。

>>1/5 能「羽衣」舞台裏
>>1/5 能「羽衣」本番ダイジェスト




チェックブログランキング・にほんブログ村へ
2013-01-05-Sat-00-33

学生能・狂言の会のご案内

hagormo211.png

平成25年1月5日(土) 於名古屋能楽堂

名古屋学生能楽連盟
第57回 学生能・狂言の会



10時開場 10時半始曲 
16時半頃終曲予定

入場無料


【南山大学 演目】

南山大学四十周年記念能
「羽衣 和合之舞


素謡「岩船」
仕舞「清経キリ」「杜若クセ」「玉之段」



南山大学は今年四十周年を迎えました。
その記念として、今回現役生・OB・OG合同で舞台に臨みます。

他大学からも
宝生流能「船弁慶」 (愛教大・県大) 他多数  >>番組詳細

観世会部員・OB一同精一杯稽古に励んでおります。
ぜひご来場くださいませ。


【出演大学】
愛知教育大学・愛知県立大学・岐阜市立女子短期大学・
金城学院大学・椙山女学園大学・名古屋市立大学・
名古屋大学・南山大学

【名古屋能楽堂へのアクセス】
地下鉄浅間町駅・市役所駅から徒歩10分
リンク:名古屋能楽堂:施設のご案内

【お問い合わせ】
南山大学観世会 鬼頭 
nanz_kanze☆yahoo.co.jp (☆→@に変換)




チェックブログランキング・にほんブログ村へ
2013-01-05-Sat-00-32

【番組】学生能・狂言の会 

第57回
名古屋学生能楽連盟 学生能・狂言の会

平成25年1月5日(土)
10時開場 10時半始曲


【番組】

(愛知県立大学)
宝生流仕舞  高砂キリ
         羽衣クセ  
         屋島キリ
         東北キリ

(名古屋大学)
観世流仕舞  野守
         敦盛クセ
         班女舞アト
         鞍馬天狗

(愛知教育大学)
宝生流仕舞  羽衣キリ
         班女アト
         藤クセ
         殺生石

(南山大学)
観世流能   羽衣 和合之舞

―休憩―

(岐阜女子短期大学)
金剛流連調  高砂キリ

(椙山女学園大学)
金剛流仕舞  八島
         笹之段

(愛知県立大学)
宝生流仕舞  杜若キリ
         小歌
         藤キリ
         小督
         羽衣キリ

(岐阜女子短期大学)
金剛流仕舞  敦盛キリ
         熊野キリ

(金城学院大学)
観世流仕舞  屋島キリ
         井筒キリ
         紅葉狩クセ
         経正キリ
         熊野クセ
         猩々キリ

(南山大学)
観世流素謡  岩船

(名古屋市立大学)
観世流仕舞  鞍馬天狗
         女郎花
         項羽

(南山大学)
観世流仕舞  清経キリ
         杜若クセ
         玉之段

(名古屋市立大学)
観世流独鼓   竹生島

(愛知県立大学)
宝生流能    船弁慶


16時半頃終曲予定


       




チェックブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。