南山大学観世会Blog

名古屋にある、南山大学の文化系クラブ 観世流の能楽部です ★新入部員募集中★

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェックブログランキング・にほんブログ村へ
2011-04-24-Sun-21-07

4/23(土) 稽古

昨日は今年度初のお稽古でした(゚*゚)ノ

お稽古は月に2回、南山観世会の卒業生で
能楽師になられた先生にご指導していただいています。


お稽古をつけていただいたのは

清経キリ
紅葉狩クセ
殺生石キリ

の仕舞3番でした。
6月の舞台で出す予定です。

今回のブログはちょっとだけ
新入生の目も意識して丁寧めに書いてみます。





清経のシテは2年のしかさん。
フレマンでは安宅を舞ってくれました。
今後強い系に進んでいくんだろうか。

南山では修羅物やるとなったら
まず清経でしょうという感じになってます。

修羅物というのは、主に武士が主役になっている能で、
源平の戦いが背景になっています。

で、清経といえば先生の
「半身理論」のご指導をいただくわけで(笑)

半身を使ってどうかっこよく見せるか考えながら舞うわけです。
慣れると体が勝手に動くようになりますが、最初は難しかった(^^;)





紅葉狩のシテは同じく2年のたけさん。

この仕舞は美しい女性が主役になりますが、
能ではその女性が後半に鬼と化します。わぉ

仕舞の中で舞と謡を合わせるべき
ポイントというのが何ヵ所かあるのですが、

しっかり舞おうとすると間に合わなかったり
かといって慌てると最後余ってしまったり

この仕舞はその辺がちょっと難しい気がします;





殺生石のシテは3年のきとーです。私です(σ*´∀`)

この仕舞の主役は雌狐です。

男をたぶらかした狐を退治したら
射られた狐が石になって近づいた生き物を殺す話です。
すっごく雑に言えば。笑

仕舞では物語の進行に沿って舞が進んでいくので
結構具体的な動きが多いです。

矢を射る動作や射られて死ぬ型や
飛んだり跳ねたりも多いです。

舞い終わると息切れします(笑
もうちょっと体力つけたいなぁ~





仕舞が少ないのでお稽古も
すぐ終わってしまいました(・・;)

うーん
新入生入らないかなぁ。
入ってほしいなぁ

チェックブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2011-04-19-Tue-01-01

中学校の教科書で

伝統芸能を今までよりきちんと扱うようになるらしいですよ!


asahi.com(朝日新聞社)のHPより引用   >>引用ページ

****************************************************************
来年春から中学校で使われる新教科書は、全教科で日本の伝統文化を扱う。

 音楽は伝統芸能への挑戦が目立つ。教育出版は能を初めて大きく扱い、「羽衣」を歌うページを設けた。正座する生徒の絵をつけて「背筋を伸ばし、おなかに力を入れて、大きな声で」とコーチする。

(中略)

  伝統文化の記述が増えたのは、伝統と文化の尊重を掲げる教育基本法に従い、新学習指導要領が全教科で取り扱いを求めたためだ。横浜国立大学の高橋勝教授(教育哲学)が指摘する。「グローバル化でアイデンティティーの自覚が求められる今、伝統文化を学ぶことは重要だ。同時に各国の伝統に敬意を払い、自国の伝統だけが優れているかのような教育に陥らないよう相対化する姿勢も大切だ」
.
****************************************************************




だそうです。

私が中学生の時は、歌舞伎の「勧進帳」のビデオを観た記憶はあるのですが
能のビデオを観たり、授業で詳しく扱った記憶は 一切 ありません。

社会の授業で「カンアミゼアミ」というワードを覚えた記憶はありますが。



それがですよ!
音楽の教科書に「羽衣」を謡うページが出来ちゃうんですよ!

実際扱うかどうかは、各学校の先生の判断なんでしょうけど
それでも教科書で扱うってすごくないですか><?


音楽の教科書だけでなく、
全教科で伝統文化を扱おうとしているっていうのもびっくりですよね。

ちょっと極端な気もしますが



義務教育で伝統芸能扱われれば、認知度UP間違いなし。

能?狂言?歌舞伎?違いわかんなーい。
っていう日本人が減るはず。



日本人が日本の伝統芸能知らないということが
意外と多くて残念だなぁーと思うことが多い中、
素敵なニュースだと思ったので紹介させていただきました



チェックブログランキング・にほんブログ村へ
2011-04-14-Thu-23-50

チャリティー能@名古屋 のお知らせ

全国各地で義援能が催されているようで、
名古屋でもないかなーと思っていたらありました。

GW中なので、宜しければぜひどうぞ。

ソースはこちら。
→ 財団法人観世文庫/社団法人観世会 公式ウェブサイト>>

上記のサイトから引用します。

*********************************************************

平成23年5月5日(木・祝)
  名古屋駅前・ミッドランドスクエア地下1階【特設舞台】

--------------------------------------------------------------------------------
この度の未曾有の災害により被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご復興を祈念致します。
この度名古屋能楽界としても微力ながらもこの状況下で私どもの特性を活かした形で協力しようと考えました。
名古屋の能楽師が一丸となり支援金の募金活動、支援能を実施し、少しでも社会協力に努めて参りたいと思います。
この国難にあたって被災者の方々と心を一つにし、一日も早い復興のため、微力を尽くす所存です。
どうぞ私どもの取組みにご理解を賜り、多くの皆様のご来場をお待ち申し上げます。

主催:名古屋地方の能楽師有志
協力:NPO法人名古屋能楽振興協会

--------------------------------------------------------------------------------
【内容】
13時から休憩をはさみながら20時まで上演致します。

☆独吟・独鼓・仕舞・舞囃子・狂言・狂言小舞・能/狂言 等々


チェックブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。